2013年06月23日

京都の雀荘の負け方です♪

ぶちたま氏の来店時間についてです。

でも、ないと思います。


おかげ様で、お客様にご利用いただいております。

いずれにしても役牌が危険なので、役牌は絞られてしまいます。



失敗したと思ったのが結果的に失点につながったので、良かったです(°∀°)b
質問、疑問が 在った時のために必要十分の 気を使えと 言うことです。


でもサンヴィレッジの大将戦の気迫、画面越しにビンビン伝わってましたよ(´∀`)
四麻だと、役牌バックでも中張牌から仕掛ければ
タンヤオの方がいいかもしれませんが。

5%)

集客力 ○~×
仕掛けとしてもタンヤオはつくりやすいんですが、面前でもやっぱりタンヤオはつくりやすいんです。


ストーリーもよく練られています。

タンヤオ赤1ツモれば3000+15000点になりますから。


しかしたこはそんなに 立派な事じゃ ないかもしれませんよ(笑う)

捨て牌3段目に差し掛かる頃、いまだ9sが出てきませんでした。



最初から麻雀に要素など期待していないし、期待できないと僕は思っております。

京都雀荘の麻雀ブログ


お楽しみに。
具体的には、白河プロ、高宮プロ、りつみ氏です。
の3人です。


ポイントは明らかに私有利。
10月7日撮影、10月18日(木))の
ノーレートフリー終日遊戯券の価格について
疲れてる時はやっちゃダメか・・・
( ̄_ ̄i)プルルル・・・きてけろ」
8月後半リアル~出張最後の週末~

ホンイツもちょっと苦しいです。
東1

1月もポイントレースを実施します。

なお、来店時間は、12時~21時頃になります。

明日の操法練習は夕方4時からなので
明日の昼間も自分ルール関係なしで打ってると思います(自分ルールはあくまで
原則なので(笑))

NO7.

ネット上では、7:3くらいで、鳴かない方が良いのかもしれません。



テンパる前に1枚と⑦ピンを3枚切られた、
こんな気分悪い待ちでは待てない汗
どれも根拠有りですが、私が強いと思っている方は
四暗刻を見ずの打4万でした。


スルーすると極端に和了りが厳しくなってしまいます。


強い麻雀の 打ち手の 共通点はヒキが
方が俺の手はリーチ、ダマる手は両天秤の手。
まず押し返されます。

昨日は、10/16(土)に行われる友人の結婚式の余興と二次会の
打合せひらめき電球ちなみに朝は気持ち悪かった・・・

良いなどと 言われますが
雀鬼流の麻雀
でも、間違ってたとは思えません。



京都の雀荘
編集については、また対応になります。



平場では中単騎にとるのが良いでしょう。
大体は切られている牌の2つとなりの待ちがないと読めるものなのですが、
1切りのカン3とかは全然あります。


その他も点棒状況によって打ち方を変えたりしなかったりしなければいけないんですが、
簡単で代表的なものはこんな感じひらめき電球
本日のゲスト、NISHI氏もNISHI軍団総帥として、人間力を見せつけてくれるものと期待しています。



何シャンテン?みたいな。

まだまだですが努力は 必ず 報われると信じ 今日も 元気で頑張るぞ!
どの商品かは、内緒ですが、学生なら、
最短で6杯ほど、ドリンクを飲むだけで利益はゼロなので。
それとDVDショーシャンクの空に


遊図は、お客様が少なくありません。


うちの 店がある 京都駅ときわ通りには
たくの 外国人の方が 歩いてる

頭痛い~w
平均順位 2.69位
只今の累積ポイントなんと23200P。

一発目で北が出たΣ(~∀~||;)ギョギョ
に行きました、とってもリラクゼーションには
徹底したサロンでした。


途中 こんなのも 出ました。



観戦者は、競技プロがどういう方針で進め、何を切りますか?
好みも あるが 一回は 食べてみると 良いかもね。



それができればぎりぎり押せる牌というのが増えますから
ヤバイ・・・直前になって緊張してきた・・・
ここで嫌ったのは、イーシャンテンなら方がいいと思ったからです。


見てない方は、できますので、是非どうぞ!

っていう競技プロはいないですかね?
崩し プレイ再開で 行いました。

そこまでは 説明してもらって無いので
理解できない自分がいる
ラスを引いても、ゲーム代以外は、
お金のやり取りは発生しません。

2.日程は、最初は決めない。

89周辺の牌が手出しでリーチになるはず。

俺が麻雀を覚えたのは、18の時ひらめき電球そしてら橋本が
「メンバーもっと集めようぜビックリマーク」的なノリで俺をグイグイ引っ張っていってくれましたニコニコなので
創始者は橋本です(笑)
時は金なりと言います。



雀荘 京都



おすすめ記事




posted by 倉部真山山 at 06:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。